アルツハイマー症状の第一〜三期




アルツハイマーの症状には、初期症状からいくつかの段階に分かれます。

「軽度認知障害」はまだ、アルツハイマーの前触れの段階です。
知的低下が始まる2〜3年前くらいに異変が起こり、性格が自己中心的になったり、頑固さが増したり、不安感や抑うつ、睡眠障害、幻視妄想などの、初期症状が出てきます。

軽度認知障害が、アルツハイマーの初期症状として周囲に気付かれにくい理由には、軽度の物忘れや、お釣りの計算ミス、自動車の運転がにぶるなど、起きても生活はできる程度に過ぎないからでしょう。

「アルツハイマー第一期」は、「健忘期」とも呼ばれる初期症状にあたります。
健忘の症状として、道に迷ったり(空間的見当識障害)、徘徊や多動などがあげられます。
物忘れが軽く見過ごせるレベルを超え始め、大脳皮質全体が、機能低下をしていく頃です。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状