アルツハイマーに効く薬の投与




アルツハイマーの症状に効果的な薬が数々登場し、実践的に役立たれています。
アルツハイマーの薬品が有効な症状には、易怒性、幻覚、不眠、妄想などがあります。

初期症状の段階で薬品治療に当たって行けば、病状の悪化を未然に防ぐことができます。

アセチルコリンという、脳内の神経伝達物質が減ってしまうことが、アルツハイマーの初期症状を引き起こす原因です。
「アリセプト」という名前の薬品が、日本で多く服用されています。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状