PETでのアルツハイマー画像診断




アルツハイマーの初期症状は、微妙なものが多くあります。
健忘症も、ただの物忘れなど、ある程度の年齢に達しれば珍しくなく、わざわざアルツハイマーの初期症状だといって、病院に行く必要があるのかと考えてしまいます。

健忘症だけではなく、他のアルツハイマーの初期症状に似た行動が増えてきたら、医師の診断を受けてみてもいいかもしれません。

アルツハイマーは、初期症状に治療を受ければ、進行を抑えられますので、患者さんに負担をかける前が肝心なのです。
PETという、局所の機能がちゃんと働いているかの情報を、画像にしてくれる機械があります。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状