初期症状には脳血流シンチ検査




「脳血流シンチ(SPECT)」という検査法は、アルツハイマーの初期症状段階を検査することなどができます。

アルツハイマーなどの脳内に発症する病気は、初期症状のレベルでは、まだ形状がでないこともあるのです。
脳血流シンチであれば、初期症状のアルツハイマーから、てんかん、脳梗塞、脳腫瘍など、脳内に起きた血流異常が見つけられます。

軽度障害部位を見つけられるので、早期発見による治療効果の高さは、いうまでもありません。
脳血流シンチは、あらかじめ放射線を微量に放つ薬を、静脈注射しておき、脳血流が反映するようにしておきます。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状