アルツハイマーを食生活から予防




アルツハイマーの簡単な予防策があれば、やってみたいと思いませんか。

食事のバランスが肝心だということで、塩分と動物性脂肪をひかえる食生活が、アルツハイマーから守ってくれます。

「塩分」の摂取量は、1日10gが最適とされており、近年日本人の食生活が欧米化していることから、この数値を超えています。
アルツハイマーに関係なく、たんぱく尿や高血圧を患っている方の場合は、塩分量を6gにすると、適量だといわれています。

味噌汁は、味付けを薄くし、漬物や焼き魚、煮物など、塩分が多い場合には、量を加減して食べるようにしましょう。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状