運動でアルツハイマー予防




アルツハイマーにならないために、日頃からできることはないでしょうか。

「適度な運動」は、足腰を鍛えてくれます。
脳を刺激し、代謝と循環を活性化して、脳のいろいろな部分を使うことに、歩くことが大変役立っていることをご存知ですか。

知的機能を下げないためには、歩いていれば効果的なわけです。
高齢に達しても、散歩を習慣にしていれば、脳に作用があるので、アルツハイマー予防に一役買ってくれます。

「手を使う作業」も、脳のトレーニングになります。
手と頭の運動には、料理や絵を描くことなどが、あげられます。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状