生活習慣病や転倒防止で認知症予防




アルツハイマーや認知症の予防をするには、初期症状にまで至らせないこと、初期症状がでたら、いち早く病院へ行くことなどが重要です。

初期症状は年齢によるものに似ていますが、いくつもの初期症状が重なったり、繰り返し行われるようであれば、アルツハイマーの可能性を考えてみるべきでしょう。

生活習慣によって、アルツハイマーは日々防ぐことができるので、具体策をいくつか取り上げてみましょう。

「生活習慣病の予防」をすることは、アルツハイマー対策にもつながります。
脳の動脈硬化は、生活習慣病から引き起こされるものです。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状