脳の活性化でアルツハイマー予防




アルツハイマーでは、初期症状が始まる前に、いくつでもできることがあります。
初期症状が出てから、自己を律して対策を立てるのは、まず難しいので、今のうちから始められることを実践してみましょう。

アルツハイマーは、悪化すれば患者さんも家族も大変なので、初期症状のうちに病院に行くことが大切です。
アルツハイマーの治療法が発展してきたことにより、初期症状の対策で、進行を抑えられます。

「脳を積極的に使う」ということが、脳が衰えさせないための認知症予防につながります。
脳の神経細胞を活発にするために、普段見ているテレビを、眺めるだけから、批評したり、番組感想をまとめてみたりして、積極性を持つ見方に変えます。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状