アルツハイマーや認知症の初期症状




アルツハイマーの初期症状が現れたと感じたら、本人の意思でも家族の勧めでも、率先して早めに病院へ行くことが、その後の人生を左右すると言っても、過言ではありません。

軽度認知障害という、アルツハイマーの初期症状の前触れであれば、軽いことから、治ることもあるといいます。
アルツハイマーになっていても、まだ初期症状のレベルであれば、治療によって進行を止められるのです。

アルツハイマーの初期症状を見逃さないでいるには、家族の協力も必要です。
病気が先に延ばせれば、その間に家族は病気に対する知識を積むこともできます。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状