グループホームの認知症共同生活




グループホームとは、5〜9人といった少人数で、共同生活をする場です。
認知症高齢者、精神障害者、知的障害者が対象となり、双方の自立した日常を送っていきます。

アルツハイマーの初期症状が起こったら、どのような選択をしていくか考えていくことでしょう。
初期症状のうちに病院で治療を受ければ、アルツハイマーは進行を抑えることができる病気です。

アルツハイマーの初期症状になる前の、軽度の前触れ時期であれば、治すこともできるといわれています。
家族が日頃から変化に気付けるような気配りをしておけば、初期症状の段階で治療に当たることが可能です。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状