若年性アルツハイマーの初期症状




若年性アルツハイマーを取り上げた映画に、「私の頭の中の消しゴム」や「明日の記憶」があります。
映画では、初期症状から患者の心理や混乱が描かれていて、周囲の人との心の交流などが、涙を誘いました。

若年性アルツハイマーの定義は、65才未満に発症するもので、多くは40代や50代の働き盛りに初期症状が襲います。

原因は、通常のアルツハイマーと同じく、β(ベータ)アミロイドが脳内に蓄積したことによって、脳委縮が発生することです。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状