後期高齢者医療制度とアルツハイマー




「後期高齢者医療制度」は、長寿医療制度とも呼ばれ、75才以上の高齢者を対象に、2008年4月から開始された制度です。

後期高齢者医療制度へ、これまで加入済みの健康組合から、移行が義務付けられています。
保険料負担は、対象となる全ての高齢者が、所得に応じた金額を納めなければいけません。

扶養家族として、子供などの扶養として保険料の支払い義務がなかった方には、2008年4〜9月の6ヵ月だけ、負担なしの特別措置がとられました。

障害者認定の老人保健制度を受けていた65〜74才の人も、後期高齢者医療制度の被保険者とされてしまいました。
医療費窓口負担は、基本的には10%負担、所得が多くある人は30%負担ということです。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状