ケアマネージャーと介護ヘルパー




アルツハイマーは、初期症状から深刻になってまで、家族のサポートなしでは、成り立ちません。
治療をまだ初期症状しかでていないうちに受けておくことで、それ以上状態を悪化させることがなくなりますので、病院で診断してもらいましょう。

家族もアルツハイマーの患者さん本人にとっても、初期症状から病気が進まないでいられることが、人生を大きく変えます。
初期症状がもし出たら、どう対処するか、まだ正常なうちに相談して決めておくと、1番良いでしょう。

アルツハイマーが進行した際の、家族の心構えの例を、ご紹介します。

「心にゆとりを」持つことで、家族と患者さんの双方が、楽に感じます。
アルツハイマーの方の介護を、特に1人で抱え込む状態は、長くは続けられないものです。

続きを読む

(C) 2009 アルツハイマー病や認知症の初期症状