アルツハイマー病の由来と初期症状

アルツハイマー病の由来は、ドイツの病理学者アルツハイマーが、1905年に痴呆患者の進行性記憶障害を併発した症状を報告したことにあります。

スポンサードリンク

アルツハイマーは、大脳に委縮性疾患の症状がみられるもので、痴呆による失語や失認、失行などが起き、年齢では元は45〜65才くらいに初期症状が起こるとされていました。

アルツハイマーになる年齢は、このように高齢に近付くごとに確率が高まるとされていましたが、近年では18〜64才の若い年齢層から初期症状が発症しているということで、油断の出来ない病気です。

初期症状が起きている段階で、現在はアルツハイマーに発展していくことを抑えられるようになりました。
アルツハイマーにさせないためには、初期症状を見逃さないということが大事だということになります。

アルツハイマーの初期症状では、まだ家族も分からないほど、些細な変化に過ぎません。
頭痛や軽いめまいなどから始まり、頑固さや自己中心的な傾向が強まり、内面的に繊細な側面が薄れていき、不安や抑うつ、幻視妄想、睡眠障害などが引き起こされます。

うつ病の症状と勘違いされてしまう初期症状には、不安感にさいなまれたり、夜に眠れないことが続いたりするなどがあります。

アルツハイマーの他の例では、人や物の名前が出てこない、置いた物の場所を忘れる、新しく知ったことを継続して記憶できない、何度も同じ質問をする、切符を駅の券売機で買えない、同じ道なのに間違えるなどがあります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

アルツハイマー症状の第一〜三期
アルツハイマーの症状には、初期症状からいくつかの段階に分かれます。 「軽度認知障......
脳血管性とアルツハイマー型認知症
認知症の80〜90%は、「脳血管性認知症」と「アルツハイマー型認知症」が占めてい......
アルツハイマーに効く薬の投与
アルツハイマーの症状に効果的な薬が数々登場し、実践的に役立たれています。 アルツ......
アルツハイマー専門医の受診
アルツハイマーの初期症状が見受けられたら、どこで受診すればいいのでしょう。 認知......
軽度認知障害(MCI)診断
アルツハイマーの診療で、注目を集めている「軽度認知障害(MCI)」が、大きなポイ......
アルツハイマーによる脳内変化
アルツハイマーに初期症状が見え始めると、脳の中では、どのような変化が起きているの......
CTとMRIのアルツハイマー画像診断
アルツハイマーが初期症状の段階で、正しく診断がなされれば、患者さんやご家族は、病......
PETでのアルツハイマー画像診断
アルツハイマーの初期症状は、微妙なものが多くあります。 健忘症も、ただの物忘れな......
初期症状には脳血流シンチ検査
「脳血流シンチ(SPECT)」という検査法は、アルツハイマーの初期症状段階を検査......
アルツハイマーに物忘れ外来受診
アルツハイマーの初期症状と思われる異変を感じたら、まずどこの科に行けばいいのか、......
アルツハイマーを食生活から予防
アルツハイマーの簡単な予防策があれば、やってみたいと思いませんか。 食事のバラン......
運動でアルツハイマー予防
アルツハイマーにならないために、日頃からできることはないでしょうか。 「適度な運......
生活習慣病や転倒防止で認知症予防
アルツハイマーや認知症の予防をするには、初期症状にまで至らせないこと、初期症状が......
脳の活性化でアルツハイマー予防
アルツハイマーでは、初期症状が始まる前に、いくつでもできることがあります。 初期......
アルツハイマーは若々しさで予防
アルツハイマーの初期症状が感じられたら、出来るだけ早く医師に診てもらうことが大切......
アルツハイマーや認知症の初期症状
アルツハイマーの初期症状が現れたと感じたら、本人の意思でも家族の勧めでも、率先し......

▲このページのトップへ