アルツハイマーによる脳内変化

アルツハイマーに初期症状が見え始めると、脳の中では、どのような変化が起きているのでしょうか。
初期症状の段階で、医師の治療を受けていけば、進行を抑えることができるようになりました。

スポンサードリンク

「大脳皮質の極度の委縮」により、頭頂葉や側頭葉を中心とした脳全域が、初期症状では小さくなっていきます。
脳の重さは、一般成人で1400gのところ、アルツハイマーになって10年経過した頃には800〜900gより軽くなっています。

「神経原線維や老人斑の変貌、神経細胞の脱落」が、アルツハイマーを発症している脳を顕微鏡から確認されています。

神経原線維と老人斑が変わり、増えていく一方で、神経細胞が減少しています。
神経の細胞同士の間から、シミ状の神経細胞や老人斑の中に、糸くず状の神経原線維変化が発見されます。

「神経伝達物質の異常」が、アルツハイマーの初期症状と、大きく関係しているといわれています。
アルツハイマーは、たくさんの神経伝達物質が減少するもので、「アセチルコリン」が特に記憶にさようする神経伝達物質だと、判明しています。

脳を画像で診断するには、CT・MRIで、脳溝脳室拡大や脳委縮といった、脳の形態の異常をみていきます。
脳の機能が、異常かどうかを判断するには、脳血流シンチ(SPECT)・PETによって、ブドウ糖消費量や酸素消費量、脳血流量などを、計測していきます。

SPECT・PETの方が、CT・MRIよりも、形態異常前の早期発見ができます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

アルツハイマー病の由来と初期症状
アルツハイマー病の由来は、ドイツの病理学者アルツハイマーが、1905年に痴呆患者......
アルツハイマー症状の第一〜三期
アルツハイマーの症状には、初期症状からいくつかの段階に分かれます。 「軽度認知障......
脳血管性とアルツハイマー型認知症
認知症の80〜90%は、「脳血管性認知症」と「アルツハイマー型認知症」が占めてい......
アルツハイマーに効く薬の投与
アルツハイマーの症状に効果的な薬が数々登場し、実践的に役立たれています。 アルツ......
アルツハイマー専門医の受診
アルツハイマーの初期症状が見受けられたら、どこで受診すればいいのでしょう。 認知......
軽度認知障害(MCI)診断
アルツハイマーの診療で、注目を集めている「軽度認知障害(MCI)」が、大きなポイ......
CTとMRIのアルツハイマー画像診断
アルツハイマーが初期症状の段階で、正しく診断がなされれば、患者さんやご家族は、病......
PETでのアルツハイマー画像診断
アルツハイマーの初期症状は、微妙なものが多くあります。 健忘症も、ただの物忘れな......
初期症状には脳血流シンチ検査
「脳血流シンチ(SPECT)」という検査法は、アルツハイマーの初期症状段階を検査......
アルツハイマーに物忘れ外来受診
アルツハイマーの初期症状と思われる異変を感じたら、まずどこの科に行けばいいのか、......
アルツハイマーを食生活から予防
アルツハイマーの簡単な予防策があれば、やってみたいと思いませんか。 食事のバラン......
運動でアルツハイマー予防
アルツハイマーにならないために、日頃からできることはないでしょうか。 「適度な運......
生活習慣病や転倒防止で認知症予防
アルツハイマーや認知症の予防をするには、初期症状にまで至らせないこと、初期症状が......
脳の活性化でアルツハイマー予防
アルツハイマーでは、初期症状が始まる前に、いくつでもできることがあります。 初期......
アルツハイマーは若々しさで予防
アルツハイマーの初期症状が感じられたら、出来るだけ早く医師に診てもらうことが大切......
アルツハイマーや認知症の初期症状
アルツハイマーの初期症状が現れたと感じたら、本人の意思でも家族の勧めでも、率先し......

▲このページのトップへ