アルツハイマーを食生活から予防

アルツハイマーの簡単な予防策があれば、やってみたいと思いませんか。

スポンサードリンク

食事のバランスが肝心だということで、塩分と動物性脂肪をひかえる食生活が、アルツハイマーから守ってくれます。

「塩分」の摂取量は、1日10gが最適とされており、近年日本人の食生活が欧米化していることから、この数値を超えています。
アルツハイマーに関係なく、たんぱく尿や高血圧を患っている方の場合は、塩分量を6gにすると、適量だといわれています。

味噌汁は、味付けを薄くし、漬物や焼き魚、煮物など、塩分が多い場合には、量を加減して食べるようにしましょう。

「脂肪」の摂取量は、1日50〜70gが適しています。
動物性脂肪を植物性脂肪に変えるだけでも、健康に大きな違いが出てきます。

糖分過多は、中性脂肪を増やすので、肥満を招きます。
アルツハイマーや認知症予防には、良質なたんぱく質とビタミンが効果的です。
食事に、野菜や海草を増やすと、バランスがよくなります。

アルツハイマーは、初期症状のうちは、まだ加齢によるものとして受け取れます。
初期症状を抜けて進行してしまうと、出来事全般を忘れたり、徘徊したりといった行動が見られるようになるので、介護が欠かせなくなります。

アルツハイマーを初期症状で発見出来たら、治療によって、進行を抑えることが可能となりました。
アルツハイマーの根本的な治療法は、まだ発明されていませんが、進行を抑えられるなら、初期症状の軽度なうちに病院へ行って、その状態を保てる術を得るべきです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

アルツハイマー病の由来と初期症状
アルツハイマー病の由来は、ドイツの病理学者アルツハイマーが、1905年に痴呆患者......
アルツハイマー症状の第一〜三期
アルツハイマーの症状には、初期症状からいくつかの段階に分かれます。 「軽度認知障......
脳血管性とアルツハイマー型認知症
認知症の80〜90%は、「脳血管性認知症」と「アルツハイマー型認知症」が占めてい......
アルツハイマーに効く薬の投与
アルツハイマーの症状に効果的な薬が数々登場し、実践的に役立たれています。 アルツ......
アルツハイマー専門医の受診
アルツハイマーの初期症状が見受けられたら、どこで受診すればいいのでしょう。 認知......
軽度認知障害(MCI)診断
アルツハイマーの診療で、注目を集めている「軽度認知障害(MCI)」が、大きなポイ......
アルツハイマーによる脳内変化
アルツハイマーに初期症状が見え始めると、脳の中では、どのような変化が起きているの......
CTとMRIのアルツハイマー画像診断
アルツハイマーが初期症状の段階で、正しく診断がなされれば、患者さんやご家族は、病......
PETでのアルツハイマー画像診断
アルツハイマーの初期症状は、微妙なものが多くあります。 健忘症も、ただの物忘れな......
初期症状には脳血流シンチ検査
「脳血流シンチ(SPECT)」という検査法は、アルツハイマーの初期症状段階を検査......
アルツハイマーに物忘れ外来受診
アルツハイマーの初期症状と思われる異変を感じたら、まずどこの科に行けばいいのか、......
運動でアルツハイマー予防
アルツハイマーにならないために、日頃からできることはないでしょうか。 「適度な運......
生活習慣病や転倒防止で認知症予防
アルツハイマーや認知症の予防をするには、初期症状にまで至らせないこと、初期症状が......
脳の活性化でアルツハイマー予防
アルツハイマーでは、初期症状が始まる前に、いくつでもできることがあります。 初期......
アルツハイマーは若々しさで予防
アルツハイマーの初期症状が感じられたら、出来るだけ早く医師に診てもらうことが大切......
アルツハイマーや認知症の初期症状
アルツハイマーの初期症状が現れたと感じたら、本人の意思でも家族の勧めでも、率先し......

▲このページのトップへ