アルツハイマーの原因には、いろいろな憶測が飛んでいます。
初期症状を見逃さず、異変を感じ取った時点で、周囲の人でも病院で診察してもらうことを勧めれば、現在ではアルツハイマーにならずに抑えることができます。

スポンサードリンク

アルツハイマーの原因とされる説

アルツハイマーの原因は、まだ断定がされていないため、1番の特効薬は初期症状から読みとることだといえます。

脳の神経細胞が死滅する原因として、たんぱく質の一種であるβ(ベータ)アミロイドが、脳組織に蓄積されることがいわれています。
大脳皮質を中心とした脳が、極度に縮んでしまうことによって、アルツハイマーの初期症状に至るといいうことです。

βアミロイドが分泌・合成をしているのは、決してアルツハイマー患者だけではなく、健康な人でもありますが、酸素で分解されるので、蓄積されることがないところに違いがあります。

高年齢化するにつれ、蓄積ばかりして、分解しきれないケースが増えるので、アルツハイマーの初期症状に至ってしまいます。

原因の別の説では、たんぱく質が細胞の中で、糸くずの繊維のように古く固まった神経原線維変化によるものだ、という理論があります。

アルツハイマーの家族遺伝による原因説には、βアミロイドの原型物質「アミロイド前駆体たんぱく質(APP)遺伝子」、「プレセニリン1」、「プレセニリン2」という遺伝子によって引き起こされていることが、判明しています。

βアミロイドは、これらの3種によって増えるので、神経細胞に溜まってアルツハイマーになるのです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

アルツハイマー病や認知症の初期症状:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.f122.com/ninchishou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。