すい臓がんになっても、症状らしい異変が体に起こらないので、気付くのが遅くなります。
がんがひどくなるまで明るみに出ず、早期発見できるすい臓がんは、あまりありません。
すい臓の位置が複雑なことが、治療を難解にしてきました。
手術指針が近年定まってきたので、安全になってきています。

スポンサードリンク

すい臓がんの早期発見と生存率

すい臓機能の、私達に希望を持たせてくれる特徴として、たとえ手術して少しでもすい臓が残されていれば、日常生活を十分に過ごせるくらいにまでの力があるというところです。

消化の機能も心配いらないくらいということなので、未来が明るく感じます。

すい臓がんの方に、これらの理由から手術が勧められていますが、症状が出ずに発見しにくいという点は大きく響いており、手術に持ち込めるケースは3割ほどが現状です。

「5年生存率」という言葉を、知っていますか。
がんの手術をしたり、診断が下ってから、成人の方が5年間無事に過ごせれば、その後生きながらえる確率が格段に上がるということから、5年生存率という名前になっています。

すい臓がんが早期に発見できて、手術を無事終えたケースでは、この5年生存率が約6割だということです。
早期発見ができずに、手術をしたケースでは、1割前後くらいです。

「術中照射」というすい臓がんの治療法は、直にすい臓と周りを放射線照射していくやり方です。

症状が何もないのに、病院にいく人はいませんし、少し体調が悪いくらいの症状では、無理を押してしまいがちになるので、早めに診断を受けることが最善の策といえます。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

すい臓がん 症状と治療:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.f122.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。